CASE 1 ライフイベントを乗り越えて働き続ける女性管理職

横山 三紗 2007年新卒入社 
人事総務部 アイケアアカデミー人材開発チーム(教育担当)

入社からのキャリア
2007年4月~2008年10月 武蔵村山店リーダー
2008年11月~2009年4月 田無店リーダー
2009年5月~2010年1月 新宿店副店長
2010年2月~2011年8月 所沢店店長
2011年9月~2013年8月 田無店店長
2013年9月~2016年9月 東日本第1エリアマネジャー
2016年10月~2016年12月 営業企画室
2017年1月~2018年4月 産前産後休暇・育児休暇
2018年5月~現在 人事総務部アイケアアカデミー人材開発チーム 教育担当
 
 
 

現在の仕事と、求められる役割は?

店舗での販売や営業企画などを経て産休・育休を取得、現在は復帰して人事総務部に所属し主に社員の教育や女性が働きやすい職場環境づくりに携わっています。
教育に関しては研修のプログラムの企画や講師として研修を実施すること、昇格に当たっての試験の実施などに取り組んでいます。 女性が働きやすい職場環境づくりに関しては、産休・育休、育児中社員のサポート環境などの見直しに貢献したいと思っています。

店長やエリアマネジャーとしての経験を経て、女性の働く環境づくりにおいては自分自身が当事者であることが活かせていますし、会社からもそれらの経験・体験を活かすことを期待されていると思います。

仕事に対するPassionと、今後の目標は?

会社として、女性の管理職(マネジャー)を増やしたいと考えていますが、現状女性の管理職や育児中社員のキャリアモデルがまだまだ充分とは言えず、女性社員が自分の将来を描く上で課題となっています。解決に向けては、まずは私自身を少しでも参考にしてもらい、ライフイベントを乗り越えて働き続けるイメージと意欲を持ってもらえれば、と思っています。もちろん仕組みや環境づくりも、私が先頭に立ってしっかりとつくりあげていくつもりです。

地方での研修や時短勤務が実現できているのは、ひとえに周りの仲間のサポートと愛情あってのこと。また家庭でも、夫が積極的に家事・育児に参加してくれ、私を気遣ってくれていることを感じます。そうした周囲のサポートへは、女性が働きやすい環境を整えること、私自身がいきいきと仕事に取り組むことで恩返ししていきたいと思っています。

CASE 2 若いうちから活躍する人材

平山 幹崇 2014年新卒入社 
ヤエチカ店 店長

入社からのキャリア
2014年4月~2016年9月 新卒入社、ルミネ有楽町店リーダー
2017年1月~9月 ヤエチカ店副店長
2017年9月~10月 ヤエチカ店店長代行
2017年10月~現在 ヤエチカ店店長
 
 
 
 
 
 
 
 

現在の仕事と、求められる役割は?

複数店舗での経験を積み重ね、今は八重洲地下街にある店舗の店長を務めています。 ヤエチカ店は、日本の中心である東京駅かつビジネス街のど真ん中にある店舗であり、特殊な店舗と言えます。

そのような店舗で私が担っているミッションは、「売上の最大化」、「スタッフの育成」、「お客様へのアイシティブランドの魅力訴求」、以上3つのテーマです。 売り上げの最大化は、新規に来店されるお客様を増やし、リピーターとしていくことで実現をはかっています。看板など媒体を使ったアピール、DMの配布や近隣企業への訪問などで新規のお客様を増やし、丁寧かつ心のこもった接客で店舗やブランドのファンになっていただきます。

スタッフの育成に関しては一人ひとりのキャラクターに合わせたコミュニケーションをとり、目標設定を行うことで、モチベーションを引き出しています。 ブランドの魅力訴求のために、お客様のニーズに応え、期待を超えるサービスを徹底しています。

仕事に対するPassionと、今後の目標は?

店長として追っているミッション、売上や人材育成などが狙い通り成功した時などは、やはりやりがいを感じますし、これからも頑張ろうという情熱を生み出します。 ターミナル駅かつビジネス街のど真ん中という立地条件から、接客にじっくりと時間をかけられないケースも少なくありませんが、お客様の状況を読み取り適切な対応を行うことで、お客様には喜んでいただけるのです。

また、出張などで来店されたお客様の中には当店で必要なものをすべてそろえるのではなく、地元の店舗で購入されるお客様もいらっしゃいます。それでも、スタッフには「友人に、自分が使って良かったものを薦めるつもりで」提案することをお願いしています。

将来はエリアマネジャー、そしてその先には営業部門のTOPに立つために、今必要なことは何かを考えながら日々業務にあたっています。

CASE 3 成長を続ける若手エリアマネジャー

田中 佐 2004年新卒入社
九州1エリア担当 エリアマネジャー

入社からのキャリア
2004年4月~2008年3月 東武練馬店リーダー
2008年4月~2008年9月 池袋店リーダー
2008年9月~2009年8月 松本駅前店 店長
2009年9月~2011年8月 府中フォーリス店 店長
2011年9月~2012年8月 吉祥寺レンガモール店 店長
2012年9月~2016年8月 ミラザ新宿店 店長
2016年9月~2018年9月 関東6エリア エリアマネジャー
2018年10月~現在 九州1エリア エリアマネジャー
 
 
 
 
 
 

現在の仕事と、求められる役割は?

中央線および井の頭線沿線に所在する、合計13店舗の統括を経て、現在九州エリアに異動しマネジメントする役割を担っています。

具体的には、売上の最大化に向け、各店舗の主に店長とコミュニケーションを取り、何をすべきかのビジョンを共有したり、店舗の商圏の特徴に合わせた品ぞろえやサービスのあり方を共に考えたり、データなどに基づいて新規来店をどのように増やすかを立案したり、といったことに取り組んでいます。

売上の最大化においては、各店舗での優れた取り組みを他店舗にも共有するなど、俯瞰的に市場を見つめる立場ならではの情報発信も求められているでしょう。

また、個人的には1973年以来諸先輩方が創りあげ継続してきたオペレーションを、次世代にマッチしたやり方にバージョンアップさせていくこともテーマと考えています。

仕事に対するPassionと、今後の目標は?

キャリアアップすると、直面する課題の難易度もレベルが上がります。課題に直面した時に、私はこれまでの成功体験を振り返り、リスクヘッジのために複数の手段を準備し、乗り越えた際に得られるであろう成長や喜びをイメージしています。また、これまでに困難に陥った時、必ず誰か-上司や先輩、一緒に働く仲間が助けてくれたことも、私に勇気をくれています。

新たな時代にマッチしたやり方を考える、というテーマは、ある意味道なき道を進む難しいテーマですが、成功体験がもたらす感動や仲間との協働という武器はどんな時でも力をくれる原点なのです。

新たな競合の参入や、webを通じた販売など私達を取り巻く環境は変わり続けていきますが、仲間の力と自分の情熱、そしていつでも立ち戻れる原点を信じ、次の世代でも突出したリーディングカンパニー・ブランドであり続けたいと考えています。