自分をよく見てくれる・知ろうとしてくれる。それは、入社後も変わらない魅力。

土屋:高山君は、まだ入社したばかりだよね。今は、どんな状況かな?
高山:はい、少しでも早く独り立ちできるように、と思いながらお客様に向き合っています。まだまだ、覚えることや経験すべきことはたくさんありますが・・・
平山:先輩からは、どんなアドバイスを受けてるの?
高山:以前、お客様に商品を提案しているところを店長が見ていてくださって、後でアドバイスをいただきました。自分では最適だ、と思った提案だったのですが、まずその提案をした理由を聞かれ、その上でもっと最適な案があることと、その根拠などを丁寧に説明していただきました。他の会社なら、ひょっとしたら「こうしなさい」と結論を言われるだけかもしれないのですが、自分で気づけるよう指導していただけるのでとてもありがたかったです。
土屋:畦間さんはどう?
畦間:私も似た体験があります。ある時来店されたお客様が、再度ご来店いただくタイミングがわかっている状態で、私はお客様がお手持ちの消耗品の残りが十分かどうかお伺いするのを怠ってしまいました。先輩は、「次に来店されるタイミングがわかっているなら、在庫があると思ってご来店されたお客様をがっかりさせないためにも、お手持ちが十分かどうか聞くべき」と教えられました。先輩の視野の広さはすごいな、と思いましたね。
平山:先輩は経験がある分、お客様の状況を見極めるための引き出しが多い。でもその引き出しも、先輩たちが「考える力」を伸ばすような指導をしてくれたから身についたんだと思う。それを、二人のような若手に引き継いでいるんだね。

それぞれ個性ある店舗と運営方針。お迎えとお見送りの大切さ。

高山:土屋さん、平山さんは店長としてどんな店舗運営を心がけていますか?
土屋:私は、“仕事は楽しくしたい”というのがポリシー。人間関係がギスギスしていると、当然仕事は楽しくなくなるから、まずは店舗を「仲の良いチーム」にすることを考えています。それから、一人ひとりのスタッフとしっかり話をして、何をしたいか・どうなりたいかを把握して、そのサポートをすることを考えています。
平山:一人ひとり、考え方や性格、将来のビジョンは違うから、それぞれに合った育成を考えるのは大切ですよね。
土屋:それと、お客様に笑顔でお帰りいただける状況が理想かな。
平山:同感です。お客様がお店に来店された時の第一印象、お帰りいただく時のお見送りのありよう、これはとても大事だと私も思います。それから私の店舗、ヤエチカ店の場合は東京駅のすぐ近くでビジネス街のど真ん中ということもあって、短い時間でテキパキと対応しなければならないケースも多いです。お客様が何を求めているのか、時間はどれくらいいただけるのか、それを見極める力も重要になってきますね。
土屋:私の店舗は、もう少し余裕がある感じかな。だから、お客様を自分の家族と考えて欲しい、とスタッフには伝えています。自分の身内が、こういう風に対応してもらえたら嬉しいだろうなあ・・・という考えで、一人ひとりのスタッフが動けることが理想ですね。

店長、更にその先のビジョンは。

平山:高山君は、今後どうなりたいの?
高山:やっぱり、店長を目指したいです。以前と比べると自分で判断できることの範囲が広くなってきて、仕事がより面白くなってきました。もっと、責任も影響力も大きな仕事に取り組める立場になれば、更に面白くなるだろうな、って思います。
土屋:そう言えば、新人歓迎会で「同期で一番早く店長になります!」って言ってたよね。
高山:あ、そう言えばそうでした!
平山:それなら、“なりたい”という意志を先輩や上司にアピールするといいね。先輩や上司は、店長になるために何が必要かを、きっと指導してくれるはずだから。
土屋:畦間さんは?
畦間:今、店舗には坂本店長という私にとって目指したい存在がすぐ近くにいることもあって、私も坂本さんのような店長になりたいです!ちなみに、お二人の将来のビジョンはいかがですか?
平山:高山君と似たようなエピソードなんだけど、以前グループ長たちと話をする機会があった時に、「そこの椅子(≒グループ長というポジション)、いつかは1つもらいます!」って言ったことがあって(笑)。それはともかくとして、やるならより高いポジション、営業を俯瞰できるようなポジションを目指したいね。
土屋:現状、なぜだか西日本エリアは女性の店長やマネジャーが少なくて・・・だからこそ、自分が西日本初の女性マネジャーになりたい、と思っています。また、自分の成長だけじゃなくて、後輩の女性社員が成長するために仕組みや道を創りたいと思っていて、今度「関西女性合同リーダー会議」を開催するんです。
畦間:おお、すごい!

最後に、活躍する人物像とは。

高山:みなさんは、当社ではどんな人なら活躍できると思いますか?私は人の気持ちを考えられる人、だと思います。店舗での仕事は、ほぼ自分だけではできないことばかりなので、相手の気持ちを汲み取って動ける人なら活躍できると思います。
畦間:私も同感です。相手に対する思いやりの気持ちがあり、それを行動に反映できる人なら、合うと思います。
平山:意志表示がしっかりできる人だと思います。先ほども触れましたが、昇進・昇格も起点は本人の意志。意志表示をすれば、それをサポートしてくれる仲間が必ず現れます。
土屋:本人の意志は確かに大切。加えて、責任あるポジションにつきたいと思う方なら、人を動かす・スタッフのやる気を引き出す力も重要ですね。