冬に無性に飲みたくなる!?|甘酒レシピを見ながら甘酒を自宅で作ってみた!あっと驚く意外な効果もあるらしい!

スポンサーリンク
レシピ
スポンサーリンク

この時期お正月にお詣りに行くと、甘酒を配っている神社を見かけた事がある方もいるのではないでしょうか?寒い中、あったかい甘酒を飲むと身体がポカポカ温まって、なんとも幸せな気分になりますよね。そこで今回は材料を買って自宅で作ってみることにしました!作ってみると案外簡単で、凄い効果がある事を知ったので、作り方と作った感想、効果をお伝えしますね。

スポンサーリンク

甘酒とは?種類があるって知ってる?

「飲む点滴」と言われるほど栄養効果が高いと言われている「甘酒」。
甘酒と一口にいっても、米と米麹で造ったアルコール分を含まない麹甘酒酒粕と砂糖を使ったアルコール分を含む酒粕甘酒の2種類があります。材料が違う為、それぞれの美味しさが味わえます。
種類によって、お子様から大人まで安心して飲むことができます。(アルコールを含まない米麹の甘酒は、お子様でも美味しく飲む事ができますよ)昔から健康飲料として親しまれていて、昔の人は暑い夏に冷やして飲んでたりもしていたみたいです。

甘酒の種類〜米麹編

米麹甘酒は、日本酒と同じ様に麹の発酵作用を利用してお米から作ります。しかし、日本酒と違って甘酒の場合は、米のデンプンを麹菌によって糖分に変えているだけです。甘酒が苦手という方もいるみたいですが、それは酒粕を使った甘酒を想像しているからかもしれません。そんな方は米麹だけで作ったものを飲んでみて下さい。甘酒の印象がガラリと変わると思いますよ!

甘酒の種類〜酒粕編

酒粕を水で溶いて砂糖で甘みを加えたものが酒粕甘酒です。こちらは酒粕にアルコール分が含まれています。アルコールが苦手な方は要注意ですね。また、砂糖が入っているためカロリーも高くなりがちです。お酒が好きな方は、酒粕甘酒の方が美味しく召し上がれるかもしれませんね。

要注意!実は知らない甘酒の効果。米麹甘酒は万能!?

最近話題の健康や美容に良いと言われている甘酒の種類は米麹を使った「米麹甘酒」です。
「飲む点滴」「飲む美容液」とも言われています。

具体的にどんな効能があり、何が身体に良いのでしょうか。

①消化吸収を助けるので、胃腸に優しい

麹菌には一緒に摂った栄養の消化吸収を助けてくれる働きもあります。甘酒にはブドウ糖が含まれていますが、麹菌によって既に分解されているので効率よく体内にエネルギー源を吸収することができます。

②腸内環境を整え、便秘の予防・解消になる

甘酒には食物繊維やオリゴ糖も豊富に含まれています。これらの成分は、腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる働きがあるので、便秘の予防と解消に効果的です。

③血行と代謝を促進し美肌効果も抜群!

美容効果にビタミンB群!!が豊富に含まれています。血行と代謝をアップ!毛細血管の隅々にまで身体が求める栄養素を届けてくれ老廃物を流してくれる働きがあります。麹菌は、飲酒、ストレスなどで欠乏しやすいビオチンを含んでいるので、目の下のくまや肌荒れ、しみやくすみにも効果的です。

④ダイエットの強い味方

ブドウ糖には消化補助の他に血糖値を上昇させる効果があるので、少量でも空腹感を抑えてくれます。また、イラつきを抑えるGABAといったアミノ酸由来の物質も含んでおり、食べ過ぎを防止する効果もあります。

 

などなど、素晴らしい効果があるみたいです。
こんなに効果がある飲み物ってあったんですね〜発酵食品はすごいです!

その他
米麹を使った甘酒にはアミノ酸、ビタミンB群、ミネラルなどが豊富に含まれていて、この成分はなんと点滴と同じらしいです!だから飲む点滴とも言われているんですね。

実際に作ってみた

今回は自宅で作ると言うことで、スーパーで売っている酒粕を使ってオリジナルの甘酒を作ってみる事にしました!

<材料>

鍋、オタマ、酒粕、砂糖、塩、お酒

これだけです。ほんとシンプルです。

<作り方(酒粕150g使用)>

※このレシピは、筆者好みの甘酒となっており、アルコールを追加でいれている為、お酒の弱い方は水に置き換えるなどして好みの味に調整してください。

1.鍋に分量(300ml)の水を入れて、酒粕をしばらく浸けておく
2.弱火にかけて、砂糖を小さじ4杯入れる
3.塩を小さじ2分の一入れる
4.砂糖と塩が溶けたらお酒(100ml)を入れ、弱火にかけ、ふつふつと沸き始めたらすぐ火をとめる
5.完成

完成です!ほんとに簡単に好みの甘酒が作れちゃいました!

 

最初に酒粕をしばらく浸けておく事で、出来上がり時に酒粕が溶けきらずに残って、濃厚な甘酒が作れます!

まとめ

甘酒の種類についてお伝えしてきましたが、人それぞれ、米麹が良かったり、酒粕が良かったりと好みがあると思います。効能は違えど、やっぱり美味しく飲むのが一番じゃないかと、私は思います。皆さまもぜひ一度、自分好みの甘酒を作ってみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました