福井県のブランド米|「いちほまれ」を食べてみた!炊飯器が故障…お鍋でも炊けるの?

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

福井県のブランド米「いちほまれ」 を食べてみたい!いざ炊こうとしたら炊飯器が故障したので、急遽お鍋で炊いてみました。ここでは「いちほまれ」の詳細と合わせて、お鍋での炊き方についてお伝えしていきますね!

スポンサーリンク

「いちほまれ」とは

福井県のブランド米「いちほまれ」ですが、皆さん福井県というと、こしひかりというお米は1度は耳にしたことがあるのではないでしょうか??
今でこそ、魚沼産こしひかりが有名ですが、実は「こしひかり発祥の地」は福井県です。

その「こしひかり発祥の地」 福井県が持てる技術を尽くし、およそ六年の歳月を掛けて作ったお米です。平成28年12月2日に「いちほまれ」は誕生しました。

名前の由来は?

「いちほまれ」の名前の由来には「日本一(いち)美味しい、誉れ(ほまれ)高きお米」になってほしいという思いが込められているそうです。

日本全国から寄せられた100,000件を超える応募の中から選ばれた名前です。

美味しさの3つの特徴とは?

•絹のような白さと艶
•口に広がる優しい甘さ
•粒感と粘りの最高の調和

想像しただけでもう既に美味しそうですよね!
ではさっそく炊いてみましょう。

お鍋で炊いてみよう!!

お鍋での炊き方(材料)

•お米
•水

お鍋での炊き方(道具)

•鍋(アルミ、ステンレス、ホーロー)
•ザル

お鍋での炊き方(作り方実践)

1.米をとぎ、ざるにあげて5分ほどおく。(無洗米の場合はさっと水ですすぐ)
2. (1)の米と分量の水を鍋に入れ、しばらくおいて浸水させる。

☆夏場は30分、冬場は1時間程度を目安に。芯が残らないよう、米粒がふっくらし全体が白くなるまでつけましょう。

3. (2)の鍋を強火にかける。沸騰したら、吹きこぼれない程度にやや火を弱めて1分加熱し、粘りを引き出す。

☆沸騰までが長いと、炊き上がりがかためになるので、はじめは強火で。沸騰まで8~10分が目安。写真のような状態になりふたが動く程度までふいてきたら、火を弱めます。
また、この間、鍋のふたはなるべく開けないようにします。どうしても中を確認したい場合はさっと短時間で。

4. 弱火にして8~10分加熱し、米粒の中心部までしっかり火を通す。
5. 湯気が出なくなったらそっとふたを開け、炊けていることを確認する(米粒の間や鍋との間に水分が見えない状態)。そのまま強火にして10~20秒ほど加熱する。

☆このとき強火のまま30秒~1分、パチパチと音がするまで加熱すると“おこげ”ができます。また、うまく炊けると、写真のような小さな穴(かに穴)が複数、表面に見えます(必ずできるとは限りません)。

6. 米粒をつぶさないよう、切るようにざっくりと混ぜ、ふたをして10分蒸らす。

☆ 蒸らすことで、芯までふっくらすると同時に鍋による炊き上がりのムラがなくなります。

余談、、、*水は、普通精米の場合は米の体積と同量~1.1倍程度、無洗米の場合は1.1~1.2倍程度を目安に。何度か炊いて、好みの水加減を見つけてください。

完成です!!

家庭のお鍋でも「いちほまれ」を美味しく炊くことができました。感動〜!

お鍋での炊き方(感想)

いざお鍋で炊こうとすると、普段は炊飯器に頼りっぱなしだったので気にしてませんでしたが、お米を炊く事の大変さが身に染みてわかりました。スイッチぽんって放ったらかしの炊飯器に比べ、常に様子を気にしなければいけない事と失敗してはいけないプレッシャー…しかし、一からこだわって鍋で炊いた「いちほまれ」は、粘り+柔らかさ+米粒感+甘みのバランスが最高にマッチして絶品でした。

「いちほまれ」をお鍋•炊飯器で炊く時のポイント!

1.お米を正確に量りましょう!
2.1番最初の水は浄水器の水かミネラルウォーター(軟水)をたっぷり注ぎ、軽くかき混ぜて素早く水を捨てましょう。(所要時間は10秒程度)…お米に付いた糠やほこりを取り除く作業です。時間をかけるとお米が汚れた水と臭いを吸ってしまうので、素早く行うのがポイントです。
3.次にお米を研ぐ際は水を加えずに指を広げて、シャカシャカと音を立てるように15回程度かき回します(洗う)…ゴシゴシと力を入れて研ぐと、お米が傷ついたり、割れるため、炊き上がりがべたつくことがあります。
4. お米の研ぎ汁がボウルの下に溜まってきたら素早く水を入れ2~3回かき混ぜ、研ぎ汁を薄めてから捨てます。お米の量に応じて、洗い、すすぎを2~3回繰り返します。
5. すすぎ終わった後に水を入れ、薄く濁っている程度なら研ぎは終わりです。
濁りが気になるという場合は、すすぎのみを数回繰り返してください。
6. 水の量

☆初めての時は目盛り通りの水加減で炊いてみてください。2回目以降はお好みの水加減にしましょう。若干少なめの水の量がおすすめです。

7. 炊飯、、、浄水器の水かミネラルウォーター(軟水)を入れ炊飯します。

☆炊飯器の場合は、炊飯時間に浸水時間を含んでいるので、浸水やザル揚げは必要ありません。

8.炊き上がったら素早く切り混ぜ、余分な水分を飛ばします。

まとめ

福井県のブランド米「いちほまれ」を鍋で炊いたごはんは、甘みもうまみも粘りも格別でした!ふっくらつやつやの炊きたてを食べてしまったので、しばらく鍋で炊いて食べようと思います。皆さまもぜひ一度「いちほまれ」を食べてみて下さいね〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました