春の七草の覚え方は?漢字や名前は何なのでしょうか?気になる食べ方も調査!!

スポンサーリンク
グルメ
スポンサーリンク

春の七草と聞くとお正月の七草粥を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか??
名前の通り7種類の草ですが、それぞれに特徴があり美味しい食べ方もあるのでご紹介しますね。

スポンサーリンク

春の七草とは

春の七草とは、7種類の野草・野菜のことを言います。
7種の野草・野菜が入ったお粥(七草粥)を1月7日の朝に食べる風習が日本ではメジャーですよね!

そもそも、元々の七草というのは秋の七草を指しているんだそうです。

秋の七草というのもあるのですね!
こちらについては追って別の記事でご紹介しますね。

小正月(こしょうがつ)とは1月15日の行事でこちらのものは七種と書くらしいです。

この七種も「ななくさ」と読みますが、一般的には1月7日のお正月のものを七草と書くのが正しいみたいです。

ただ、現在は元々の意味は失われてしまっているみたいで、風習だけが形式として残った感じらしく…

以上の事から、人日の風習と小正月の風習が混ざった結果として、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられています。

春の七草の種類は?

1. 芹 せり
現在の名称 セリ
2.薺 なずな
現在の名称 ナズナ
3.御行 ごぎょう
現在の名称 ハハコグサ
4.繁縷 はこべら
現在の名称 はこべ
5.仏の座 ほとけのざ
現在の名称 コオニタビラコ
6.菘 すずな
現在の名称 カブ
7.蘿蔔 すずしろ
現在の名称 ダイコン

この上記7種類の野菜を刻み、入れたおかゆを七草がゆといいます。

昔から、邪気を払い万病を除く占いとして食べられていますよね!!

しかし、呪術的な意味ばかりではないんです。

七草がゆを食べる目的は?

 

おせち料理で疲れた胃を休めるため
野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うため

では、それぞれの葉っぱに込められた意味とはどのような意味があるのでしょうか。

春の七草、それぞれの説明

 

せり(芹)

別名称…シロネグサ セリ科

効果が期待できるもの…
整腸効果、利尿作用、食欲増進、動脈硬化、高血圧など

意味…競り勝つ!

花ことば…貧しくても高潔、清廉で高潔

なずな(薺)

別名称…ペンペン草 アブラナ科

効果が期待できるもの…
利尿作用、解熱作用、止血作用、便秘、目の充血など

意味…撫でて汚れを除く

花ことば…あなたに私のすべてを捧げます

ごぎょう(御形)

別名称…ハハコグサ キク科
効果が期待できるもの…風邪予防、解熱効果、痰や咳、利尿作用、のどの痛みなど

意味…仏体

花ことば…いつも思う、無償の愛、永遠の想い

はこべら(繁縷)

別名称…ハコベ ナデシコ科

効果が期待できるもの…
利尿作用、止血効果、消炎効果、虫歯予防、歯槽膿漏など

意味…繁栄がはこびる

花ことば…ランデブー、愛らしい、初恋の思い出、逢い引き、密会

ほとけのざ(仏の座)

正式名称…コオニタビラコ キク科

効果が期待できるもの…
整腸作用、高血圧予防、歯痛など

食物繊維が豊富なのが特徴!!

意味…仏の安座

花ことば…仲間と一緒に、調和、秘かな楽しみ、気持ちが優しい

すずな(菘)

正式名称…カブ アブラナ科

効果が期待できるもの…
便秘、胃潰瘍、胃炎、風邪の予防、しもやけなど

ビタミンが豊富なのが特徴

意味…神を呼ぶ鈴

花ことば…慈愛、晴れ晴れと

すずしろ(蘿蔔)

正式名称…現在の大根 アブラナ科

効果が期待できるもの…
消化不良や二日酔い、頭痛、発熱、冷え性、胃炎、便秘の解消、消化を助け、風邪予防、美肌
など

意味…汚れのない潔白

花ことば…潔白、適応力

春の七草覚え方は?

普段は、あまり七草について話題にもなりませんし、聞かないので中々覚えづらいのですよね〜。

そこで、今回は語呂合わせや歌で覚えていってみようと思います。

語呂合わせで覚えてみよう

頭文字を語呂合わせで覚えてみようとおもいます。
七草の頭文字を繋げてみると…

[セナはゴッホとスズ2つ]

セ…..セリ

ナ……ナズナ

は……ハコベラ

ゴ….. ゴギョウ

ホと…… ホトケノザ

スズ2つ……スズナ・スズシロ

 

うーん。
普通に考えると少し意味不明ですよね。

「セナさんが、ゴッホの絵、スズ2つを持っている」

と変わった風に覚えてみるのも、意外と覚えられそうです!!

歌で覚えてみよう

次は、七草を短歌のリズムの「5・7・5・7・7」 にのせて、言葉で口にしながら覚えてみましょう?

セリナズナ 5文字

ゴギョウハコベラ 7文字

ホトケノザ 5文字

スズナ・スズシロ 7文字

はるのななくさ 7文字

最後の7文字に関しては、

もしくはこれぞななくさ 7文字

でも置き換えられます。

結構シンプルで覚えやすいですよね〜。
もっと難しいのを想像していました。

では、七草をまとめて摂り、1番シンプルに美味しく食べるにはやっぱり七草がゆですよね!

七草がゆの作り方

<材料 >

(2人分)

・米 1/2合
・出汁 500cc用2つ
・七草がゆの野菜 セット1パック
・塩        ひとつまみ


炊飯器モードをお粥モードにする
お米と出汁を1つ入れて炊く


七草野菜を洗う
それぞれの野菜をお好みの大きさに切る

スズナ…厚さ5mmのくし切り

スズシロ…厚さ2mm輪切り

葉物…3cm幅に切る


炊飯器のお粥が炊ける5分前になったら、、

スズナ、スズシロ…出汁を1つ入れて沸騰させたお鍋で茹でておく

お粥が炊けたら葉物を入れで混ぜる


茹でた野菜に塩をひとつまみ入れて混ぜる

お粥と混ぜて完成

お好みで茹で汁もいれるとGoog!!

注意すること!!

最初から一緒に葉物など入れてしまうのはNG!
炊飯器の蒸気口に葉物が貼りつき詰まってしまうので気をつけて!
葉物は一緒に炊かないで後から入れること!

まとめ

語呂合わせや歌は自分でオリジナルを作っても楽しいですよね〜♪
七草それぞれにもちゃんと意味があり、次回食べる時はその意味も楽しみながらな七草がゆを食べてみて下さいね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました