福井県の大雪|2018年豪雪迫る勢い!雪かき、雪下ろしの際に気をつけることは??

雪情報

福井県内では8日から10日にかけ、強い冬型の気圧配置の影響により嶺北を中心に大雪になりました。積雪が18年の記録的大雪以来の100センチ越えになり、県民の皆様は大雪の中で除雪作業を余儀なくされる状況となりましたね!
そこで、今回は今現在の情報、状況や除雪をする際に気をつけていただきたいポイント、今後の雪の動向についてお伝えしていきます!

2021年1月12日現在の天気について

県内は、雪のピークは過ぎており、この後は曇りや雨が続きそうなお天気です。週末に雪が心配されますが、慌てずに除雪作業を行いましょう。また、市からの除雪が間に合っていない地域もありますので、市は除雪が入るまでは不要不急の外出をしない様に!としてます。

2021年1月12日現在の道路状況

市内では、連休明けの平日、仕事に出勤される人も多くみられました。しかし、住宅街など、一部の生活道路や歩道は除雪が進んでおりません。朝の通勤時間帯には渋滞や車のスタックが相次いでいます。無理に外出は辞めましょう。
最大約1500台が立ち往生した北陸自動車道の渋滞もようやく11日の午後11時頃には、約60時間ぶりに解消した模様です。
鉄道も一部運行再開しているみたいです。

2021年1月12日現在のその他情報

大雪の影響を受け、嶺北8市町の小中学校や、県立学校24校が13日まで休校を継続中です。

 

雪かき、雪下ろしの際に気をつけること

県内では除雪作業による事故、転倒や体調不良が相次いでおり、救急搬送されています。
今現在、大雪の山は越えましたが、雪は雨を含んで重量を増してます。屋根の雪下ろし中の転倒や落雪、雪崩には十分注意しましょう!

ここでは、除雪の際に気をつけたい10つのポイントをお伝えしますね。

安全な除雪のポイント 10

1. 気象情報を確認
気象情報をしっかりと確認しましょう。雪下ろしの時期や必要性を判断する事が大切です。
2. 命綱を使う
命綱を使い、雪下ろしの際に身体が地面、路肩、崖に落ちない様に気をつけましょう。
3. ヘルメットを着ける
頭を守るためにヘルメットを着用し、動きやすい服装で作業をしましょう。寒いからといって厚着は禁物です。
4. はしごの足元と頭部を固定する
はしごをしっかり固定し、はしご自体が倒れない様にしましょう。
5. 複数人で作業する
1人で作業をすると万が一の事が起こった際に、救出や援護が遅れる場合があります。必ず複数人で行いましょう。
6. 瓦の雪止めより先で作業しない
瓦には雪止めがあります。雪止めより手前で作業しましょう。また、滑りやすいざらめ雪が露出しないようにするためにも20~30センチ残して下ろすようにしましょう。
7. アルミ製のスコップ、スノーダンプを使う
アルミ製のスコップなど軽くて雪が付きにくい道具を使うようにしましょう。あまり重たいスコップでは、体力も直ぐに消耗してしまいます。
8. 無理な体勢を避ける
気合いを入れて除雪作業をしていると疲れてきているにも関わらず、頑張って除雪をしようとして身体に無理な力がかかってしまったりします。無理な体勢を避け、少しずつ何回かに分けて下ろしましょう。
9. 屋根からの落雪に注意する
除雪作業をしていると下ばかり見てしまいますが、屋根に積もった雪が落ちてくる可能性もあります。気をつけましょう。
10. 準備運動をする
運動をする前と同じ様に、除雪作業をする前は準備運動をする事で怪我の防止につながります。合わせて休憩、水分を取りながら作業をする事も大切です。

 

まとめ

現在雪のピークは過ぎ去っており、気温も上がってくる傾向です。
県は「当初は気温が低く粉雪状態だったが、現在は雨を含み重くなっている」としており、落雪や雪崩への警戒を求めています。除雪の際は健康管理を十分に行うのは勿論のこと、複数人での作業をする、はしごの固定をしっかりする、重い雪の運搬時に無理のない範囲で行うようにする、などの安全に作業を進めるように心がげましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました